読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーバにSSHで接続したときに始めに出てくるアレ

ちょっと、Ubuntuサーバに接続したときに表示されるアレを設定する必要がったので調べました。
というか名前が知らなかったので一生懸命ググりましたよ。

Motd(Message of the Day)って言うんですね。知りませんでした。

俺流のmotdを晒してみる


Motdという単語がわかれば後は何とかなるのでさらにググりましたよ。

どーやら、ここに入っているスクリプトを名前の昇順に動かしてログイン時のメッセージを作成しているようです。

$ ls /etc/update-motd.d/
00-header     50-landscape-sysinfo  91-release-upgrade  98-reboot-required
10-help-text  90-updates-available  98-fsck-at-reboot   99-footer

ココにあるスクリプトを消したり追加したりすることでログイン時のメッセージを変えることが出来ます。
Ubuntuでmotdメッセージをいじる


ということで、本題のログイン時の表示
お好きなエディタで/etc/update-motd.d/01-hogeを作成*1

$ sudo vi /etc/update-motd.d/01-hoge

実験として、こんな感じのシェルを作成。
現在ログインしているユーザー、HDD容量、日付

#! /bin/sh
echo "(^o^)"
echo
who
echo
df
echo
date

あと、シェルを実行したいのでパーミッションを設定

$ sudo chmod 755 /etc/update-motd.d/01-hoge

あれ?ログインしてみたけど動的に更新されないんだけど・・・・。*2
どうしよう・・・。でもMotd(Message of the Day)という名称なので使い方
間違えているのかなーと再度ググってみたら有りました。期待の物が

UpdateMotd

ここを見ていたら、どうやらプログラムを追加すればボクが探し求めていた
処理をしてくれるようです。ということで早速インストール♪

sudo apt-get install update-motd

これで、必要だったログイン時にメッセージを出せました。
ただ、ログイン時に毎回スクリプトが動くので反応が少し悪くなったorz

*1:スーパーユーザーじゃないと作成できない

*2:ログイン時に作成されたメッセージは/etc/motdが該当ファイルになります。