読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラボ新しくしたらログインできなくなったよ。

お家のモニターを17インチのスクエアモニターから

21インチのワイドモニター2枚への近代改修を行うために

グラボを交換してドライバを入れ直を後、再起動したら

GUIでのログインができなくなった。

 

結論、ドライバーを入れる前にちゃんとドライバーのバージョンを調べる。

 

今後もハマりそうなのでメモ。

 

とりあえず、環境は以下の通り。

Ubuntu16.04LTS

GeForce GTX1050

 

【ドライバインストール時の参考元】

qiita.com

 

再起動後、ログイン画面でパスワードを入力してエンターを押すと

画面が黒い画面に切り替わり画面の上あたりに一瞬メッセージが出た後

もう一度ログイン画面に戻るを繰り返しす・・・。

 

あれ?パスワード間違えたのかなぁ〜と思い何度も挑戦するが

ログイン時の「ポコポン」って音が何度も鳴って泣きそうになりました。

とりあえず、訳がわからないのでググる先生で調べ始めました。

 

まず、参考にした所に書いてあったグラボの種類と自分のPCのグラボの比較

 

参考元に書いてあったグラボでググる

www.4gamer.net

 

ほぉ。2016年5月27日に発売されたのか。

 

次は自分が買ったグラボでググる

 

ascii.jp

 

ほぉ。2016年10月25日ぐらいに発売されたと。

 

???えっ?1050の方が後だと!?

てっきり新しい方が数字が大きくなるナンバリングだと勝手に思っていたので、

ドライバインストールで参考にしたQiitaでいけると思っていましたが

どーやらそれよりも新しいバージョンのドライバを入れてあげないと

いけないらしいけど、今の「ポコポン」地獄から抜け出す為には

GUIではなくコンソールから入る方法があったはず

 

だが、しかし忘れた!!///

仕方ないので、ググる先生にお伺いを立てた所、すぐに見つかりました。

 

【ログインができる状態にした時の参考元】

may46onez.hatenablog.com

 

まず、初めにコンソールの出し方を思い出した!!

GUIのログイン画面で、「Ctl+Alt+F1 」

 

これで、勝てる!!

 

続いて、ドライバアップデートすればいいと書いてあった!!

1.GPUの石の型番でドライバのバージョンを調べる。

NVIDIAドライバダウンロード

結果、GTX1050の入っている最新版のバージョンは375.26らしい。(2016.12.24時点)

 

2.コマンドを叩く

sudo apt-get update
sudo apt-cache search 'nvidia-[0-9]+$'


結果

nvidia-331 - Transitional package for nvidia-331
nvidia-346 - Transitional package for nvidia-346
nvidia-352 - Transitional package for nvidia-361
nvidia-361 - Transitional package for nvidia-367
nvidia-367 - NVIDIA binary driver - version 367.57
nvidia-304 - NVIDIA legacy binary driver - version 304.134
nvidia-340 - NVIDIA binary driver - version 340.101
nvidia-370 - NVIDIA binary driver - version 370.28
nvidia-375 - NVIDIA binary driver - version 375.26

375.26いらしゃいました。

 

sudo apt-get install nvidia-375
reboot

 

再起動、したら2枚目の画面も見えた!!

これで当初の目的は達成できた。

 

あまり調べずに買った今回のグラボが新しいやつだったと

驚いているぐらいPCパーツ全くわからなくなっていた・・・。

 

GIGABYTE ビデオカードGEFORCE GTX 1050搭載 GV-N1050WF2OC-2GD

GIGABYTE ビデオカードGEFORCE GTX 1050搭載 GV-N1050WF2OC-2GD

 

 

 

 

参考元の2つの記事ともにCUDAの話してた。。。

 

 

 

Oracleでキャラクターセットの確認方法

この前、Oracleのキャラクターセットではめれたのでメモ。

Shift_JIS(JA16SJIS)で2バイトで作ってあると思ったら、

UTF-8(UTF8)で日本語文字は 3 バイトでしたよって話だけどね。

SELECT VALUE FROM NLS_DATABASE_PARAMETERS

WHERE PARAMETER = 'NLS_CHARACTERSET'

AtomでmarkdownをPDFで保存する。

HTMLファイルを送らずPDFで送りたいという状況が発生したのでメモ書き

 

まず、Atom「Packages」ー「Settings View」ー「Open」「Settings」ー「Install Packages」で画面を開くと『search packages』って書いてあるテキストボックスが出てくるのでそこに「markdown-pdf」と入力すると下の図のように検索結果が出てくる、

あとは、markdown-pdfの所にあるInstallボタンをクリックする。

 

f:id:miguse:20150910234156p:plain

markdown-pdfのSettingsは特に変更しなくてOK。

PDFにする場合は、一度markdownで書いた内容を「任意の名称.md」でファイルを保存する必要がある。

あとは、「Ctrl + Shift + C」か「Packages」-「Markdown to PDF」ー「Convert」を選ぶとPDFファイルが作成できる。

f:id:miguse:20150910235232p:plain

 

 

HTTPの主なレスポンス

たまに何の意味だっけ??って忘れるのでメモ

レスポンス番号 メッセージ 意味
100 Continue 処理継続中、不足分ヘッダを追加送信しろ
101 Switching Protocols Upgrade プロトコルを変更し再接続しろ
200 OK 成功
301 Moved Permanently Locationヘッダで指定された別の場所に移動済み
307 Temporary Redirect 指定されたコンテンツは一時的に移動中
400 Bad Request 要求不正
401 Unauthorized 承認されていない
403 Forbidden アクセスが認められていない
404 Not Found 指定したコンテンツがない
408 Request Timeout リクエストがタイムアウト
415 Unsupported Media Type メディアタイプが適合しない
500 Internal Server Error サーバー内部でエラー発生
503 Service Unavailable サービスが利用不可能
505 HTTP Version Not Supported 指定されたHTTPバージョンがサポート外

Android StudioをWindws7と8で動かしたときにはまった時のメモ

やっぱり、グーグルのサービスでは鬼門?と言われるだけ有りました。
Windows版のAndroid Studioを起動させるには結構手こずりました。


まず、起動させるにはJDKが必要。
JDKについては、Java SE 6u45、Java SE 7u21両方確認しました。


先に結論からいうと両方とも起動しました。


Windowsではまった内容としてはJDKのパスが通っていないためにはまりました。


さらに、JDKのパスが通っていない状態でスタートメニューに登録されたアイコンを
クリックしても何も反応しない不親切設定です。


そんな、不親切さんですが、Android Studioを起動さているstudio.bat*1を直接動かすとコマンドプロンプト画面にANDROID_STUDIO_JDKが設定されていない
とかそんなメッセージがでるのでそれに従って直しました。


システム*2のプロパティ→詳細設定タブ→環境変数の画面を以下のように設定

・システム環境変数に新規追加

・システム変数の編集
変数名 ANDROID_STUDIO_JDK
変数値*3 C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_45 または C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_21

*1:C:\Users\[UsersName]\AppData\Local\Android\android-studio\bin 配下にファイルがある

*2:Windows8でシステムの画面を出す方法が判らなかったので調べてみたらWindowsキー+xで出せる事を知りました。

*3:java.exe等が入っているbinフォルダに始めパスを通していたので起動できず悩みました。studio.batをしっかり読めばそこじゃないって直ぐに判りますけどね・・・。

Android StudioをMacで動かしたときにはまった時のメモ

Android SDKの参照先が正しく無かった為、新規プロジェクトが作成できなかった。


・Configureを選択


・Project Defaultsを選択


・Project Structureを選択


・SDKsを選択


Android SDKを選択


これで、正しいAndroid SDKの参照先になりプロジェクトが作成できました。

たぶん、これはWindowsでもLinuxでも共通して発生しそうなきがするが
なぜかMacで試した時だけだけで出てきました。

サーバにSSHで接続したときに始めに出てくるアレ

ちょっと、Ubuntuサーバに接続したときに表示されるアレを設定する必要がったので調べました。
というか名前が知らなかったので一生懸命ググりましたよ。

Motd(Message of the Day)って言うんですね。知りませんでした。

俺流のmotdを晒してみる


Motdという単語がわかれば後は何とかなるのでさらにググりましたよ。

どーやら、ここに入っているスクリプトを名前の昇順に動かしてログイン時のメッセージを作成しているようです。

$ ls /etc/update-motd.d/
00-header     50-landscape-sysinfo  91-release-upgrade  98-reboot-required
10-help-text  90-updates-available  98-fsck-at-reboot   99-footer

ココにあるスクリプトを消したり追加したりすることでログイン時のメッセージを変えることが出来ます。
Ubuntuでmotdメッセージをいじる


ということで、本題のログイン時の表示
お好きなエディタで/etc/update-motd.d/01-hogeを作成*1

$ sudo vi /etc/update-motd.d/01-hoge

実験として、こんな感じのシェルを作成。
現在ログインしているユーザー、HDD容量、日付

#! /bin/sh
echo "(^o^)"
echo
who
echo
df
echo
date

あと、シェルを実行したいのでパーミッションを設定

$ sudo chmod 755 /etc/update-motd.d/01-hoge

あれ?ログインしてみたけど動的に更新されないんだけど・・・・。*2
どうしよう・・・。でもMotd(Message of the Day)という名称なので使い方
間違えているのかなーと再度ググってみたら有りました。期待の物が

UpdateMotd

ここを見ていたら、どうやらプログラムを追加すればボクが探し求めていた
処理をしてくれるようです。ということで早速インストール♪

sudo apt-get install update-motd

これで、必要だったログイン時にメッセージを出せました。
ただ、ログイン時に毎回スクリプトが動くので反応が少し悪くなったorz

*1:スーパーユーザーじゃないと作成できない

*2:ログイン時に作成されたメッセージは/etc/motdが該当ファイルになります。